お問い合わせ

エチュードハウス トムとジェリーの新作コレクション

CastingAsia PlatformにおけるMarket Place(公募型インフルエンサー活用施策)活用成功事例

インフルエンサーは、エンゲージメントの高いフォロワーを持っています。 では、新商品レビューにおけるインフルエンサー活用はどの程度、効果的なのでしょうか? ここでは、デジタルマーケティング領域におけるインフルエンサー活用のケーススタディをご紹介します。

韓国のコスメブランドであるエチュードハウスは、香港における新商品「トム&ジェリー:ニューイヤーリミテッドエディション」の展開にあたって、CastingAsia Platformを活用し、Instagram上でマイクロインフルエンサーのキャンペーンを展開。学生を中心とした若年層ターゲットに向けたブランド認知の拡大、ターゲット顧客の購入促進を狙った施策を実施しました。

キャンペーンの目的は「トム&ジェリー:ニューイヤーリミテッドエディション」に関して、ターゲットユーザーに対してワクワク感を与え、ブランドの遊び心やトレンド感を強調するとともに、「使いやすく、かつ高効能&高コストパフォーマンス」を訴求することでした。

CastingAsia PlatformのMarket Place機能(公募型インフルエンサー活用機能)を活用し、18歳〜25歳までの層を対象とした美容系・若年層インフルエンサーを募集しました。その結果、1万~20万人のフォロワーを持つコスメに精通したKOLなど総勢25名のインフルエンサーが参加。それぞれのインフルエンサーは、実際に商品を使った上で、それぞれオリジナルのレビューコンテンツを作成し、ポストを行いました。

これらのハイクオリティなコンテンツは、40万人以上のユーザーにリーチし、3万以上のいいねやコメントを含むエンゲージメントを獲得しました。写真の投稿以外にも、インフルエンサーはIGストーリーにおけるスワイプアップリンク機能で商品をPRし、商品実売にも貢献しました。

最近ではこのスワイプアップ機能を活用し、インフルエンサーが書いたコスメレビューからの購入で、1ヶ月以内に商品が完売したという事例も出てきています。

Latest News

CastingAsia teams up with Kodansha to launch the “Anime Manga Official” YouTube channel

CastingAsia, an influencer marketing business by AnyMind Group, has announced a collaboration with Kodansha for th...

2020年04月08日

森星が公式YouTubeチャンネル 【Hikari Mori】を本日開設!

株式会社AnyUp(本社:東京都港区、代表取締役:林信吾、以下「AnyUp」)は、ファッションモデル、クリエイティブディレクターとして活動する森星(もり ひかり)の自身初となる公式YouTubeチャンネル【Hikari Mori】(http...

2020年03月06日

AnyMind Groupとエドワード加藤オリジナルブランド”LÝFT”が資本業務提携 D2Cなど新領域ビジネスのグローバル展開に向け約29億円の資金調達を同時に発表

 AnyMind Group(読み:エニーマインドグループ、CEO:十河 宏輔、以下「当社」)は、株式会社LÝFT (CEO:加藤エドワード真人、以下「LÝFT」)への資本参加、およびLÝFT CEO兼アスリートであるエドワード加藤そして、...

2020年03月05日